東青 青森の経済ニュース

青森の商社「ダック」千葉で食・接客展示会

2020.02.20

ホテルの朝食ビュッフェ(中央)などを提案したダックのブース=19日、千葉市の幕張メッセ

 青森市の輸入商社「ダック」(佐治隆一郎代表取締役)が、千葉市の幕張メッセで開かれている国内最大級の食産業・接客産業専門展示会「HCJ2020」に展示ブースを出展している。ホテルや飲食店向けに欧州などから取り寄せた外食向け洋食器をそろえたコーディネートを提案、来場者の注目を集めている。

 HCJは、国際ホテル・レストラン・ショーなど三つのショーの合同開催。八つのホールに国内外の1千社超が約2600ブースを出展し、18~21日の会期中に約6万8千人の来場者を見込む。ダックは第3ホールに出展し、取引がある欧州など20~30社の高級食器を使った朝食ビュッフェ、バンケット(宴会)カウンターなどを提案している。

 佐治代表取締役は「数年先のトレンドを見越し、人を引きつける魅力的なディスプレーの在り方を提示していきたい」と意欲的。佐治隆雄同社代表取締役会長は「時流を捉えたホスピタリティーの提案が大手ホテルに評価されている。青森に軸足を置いて情報を発信し、地元の力になれれば」と話した。

(東奥日報社)