エリア 上北 青森の経済ニュース

新事務所 完成を祝う/横浜町漁協 業務は3月から

2020.02.05

完成した横浜町漁協の新事務所=同町下川原

 横浜町漁協(二木春美組合長)新事務所の竣工(しゅんこう)式が4日、同町下川原の現地で行われ、組合員や工事関係者ら約30人が新たな拠点の誕生を祝った。3月から新事務所での業務を始める。

 野坂充町長も出席して行われた式では、神事に続き二木組合長が「基本計画の立案から約2年。無事に竣工できたのは、皆さまのおかげと深く感謝している」とあいさつした。

 新事務所は現在の事務所から約400メートル北側の横浜漁港区域内に整備した。2階建て延べ床面積約750平方メートルで、1階は事務スペースなど、2階には大会議室や宿直室、ホタテガイのラーバの状況を調べる検鏡室などを設けている。

 総工費は約2億円。同漁港の荷さばき所と近くなることで、職員の業務の効率化などが期待できるとしている。

 現在の事務所は1975年から使われており、老朽化が進んでいた。

(東奥日報社)