エリア 中南 青森の経済ニュース

ひろさきふじ相場順調、東京・大阪で初売り

2019.10.07

東京・大田市場で行われた、ひろさきふじ初売り=4日午前(つがる弘前農協提供)

 つがる弘前農協(本店・青森県弘前市)が出荷した2019年産の中生種リンゴ「ひろさきふじ」の初売りが4日朝、東京・大田市場の東京青果と大阪市中央卸売市場の大果大阪青果で行われ、順調な相場でスタートを切った。

 上場されたのは、同農協のブランドで糖度13度以上の「夢ひかり」。東京に765ケース、大阪に1265ケース(ともに1ケース10キロ)出荷された。最高値は東京、大阪ともに「特選」28玉入りで東京が1ケース30万円、大阪が50万円だった。

 平均価格は東京が前年より29円高い4822円、大阪は112円高い5461円だった。

 東京での初売りに参加した同農協りんご課の斎藤誠課長は「好調なスタート。今後も期待ができる」と話した。

 同農協は本年産のひろさきふじを首都圏含め全国各地に約39万ケース出荷することにしている。

(東奥日報社)