エリア 三八 上北 下北 中南 東青 西北 青森の経済ニュース

新規高卒求人最高更新/青森県内7月末

2019.09.10

 青森労働局は6日、2020年3月に県内の高校を卒業予定の生徒(新規高卒者)に対する7月末現在の求人状況を公表した。県内企業の求人倍率は2.09倍となり、同月としては過去最高だった前年7月を0.03ポイント上回り、過去最高を更新した。県内企業の人手不足を背景に、依然として高水準を維持している。

 新規高卒者の求人受け付けは6月1日にスタート。7月末までの求人件数は1718件(前年同月比77件増)、求人数は4225人(同52人減)だった。

 求人倍率が高い要因として、同局職業安定課の久保田智地方職業指導官は「全体の就職希望者が減っている中で、求人数は過去3番目に多い状況にある。進学希望者も増えているためではないか」と分析した。

 産業別の求人は、多い順に製造業961人(前年同月比153人減)、建設業777人(同1人減)、卸・小売業772人(同15人減)、医療・福祉632人(同45人増)など。

 全体の就職希望者数は3215人(同86人減)で、うち県内希望者2025人(同49人減)、県外希望者1190人(同37人減)。全体に占める県内希望者の割合は63%(同0.2ポイント増)だった。

(東奥日報社)