エリア 上北 青森の経済ニュース

七戸へ移住を、無料で体験住宅貸し出し

2019.05.30

「わんつか体験住宅」の室内。家具や家電、布団2組などがそろい、ほぼ手ぶらで利用が可能

 青森県七戸町の「しちのへ移住サポーターの会」は、昨年に続いて町の教職員住宅を貸し出すサービス「わんつか体験住宅」を開始した。同町への移住を検討している町外在住者が、体験住宅を拠点に町の観光施設巡りや町内イベントを体験。町の魅力に触れてもらう。

 同会は、町への移住者の相談に乗ったり、町民との交流の場を提供したりと、移住者が不安なく生活できるようサポートする民間団体。体験住宅の利用者を来年1月まで受け付けている。

 部屋は同町天王の教職員住宅1階で、間取りは2DK。テレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電製品やリユースした食器棚といった家具のほか、ガスコンロ、包丁などのキッチン用具一式もそろう。寝具は2組分。Wi-Fi(ワイファイ・無線LANサービス)も完備している。

 利用は2泊3日から7泊8日。フェイスブックなどの会員制交流サイト(SNS)で住宅を利用している様子を紹介すると、東八甲田ローズカントリーのバラせっけんをプレゼントする。

 問い合わせ、申し込みは同会事務局の町地域おこし総合戦略課(電話0176-68-2422)へ。

(東奥日報社)