エリア 中南 青森の経済ニュース

弘前市の農業産出額 4年連続で東北1位

2019.03.25

 農林水産省が19日発表した2017年の市町村別農業産出額によると、青森県弘前市が410億円で前年に比べ25億円減ったものの、4年連続の東北1位となった。例年と同様、リンゴなどの果実が全国1位の341億円(前年比28億円減)に上り、金額を押し上げた。

 農水省は14年から市町村別の金額を公表している。弘前市の金額の落ち込みはリンゴの生産量減少が原因。全国では13位で前年から順位を三つ下げたが、東北で唯一、400億円を超えた。

 青森県ではこのほか、十和田市が前年比8億円減の244億円となり、東北の順位が前年の7位から8位に後退した。産出額が100億円以上だった自治体数を比較すると、青森県は11市町で東北では最も多かった。

 昨年12月に公表された県全体の農業産出額は、3103億円で3年連続で3千億円を突破。都道府県別でみると、14年連続で東北1位だった。

(東奥日報社)