23人の「みらいボイス」記事編 中南

IT関連企業に勤め、農業の手伝いも。地元を盛りあげる地域活動にも参加中

2019.01.11

 

VOICE

16

 (株)日本マイクロニクス青森工場(平川市)

 長谷川修平さん(はせがわ・しゅうへい、33歳)

 ■評価技術/勤務年数10年 ※2008年4月入社

 

韓国の取引先に毎月出張

実家は平賀(平川市)で、りんごの兼業農家です。八戸工業大学を卒業後、地元に戻りました。現在の担当は半導体の検査装置の評価で、取引先がある韓国に毎月出張しています。裏方ですが、スマホ、パソコン、デジカメなど、世の中の便利な物を縁の下で支えているこの仕事が面白くてたまりません。休日は農作業の手伝いをしつつ、この仕事も技術の先達を目指して続けるつもりです。

 

 

 

 

地域のつながりを大切に暮らす

地域の青年部に所属し、消防団やりんご作り、お山参詣の登山囃子、ねぷた制作、宵宮などにも参加しています。最近の30代でUターンしてくる人などは、こういうところで横のつながりができるんです。自分達の世代ができる地域貢献を一緒にやっていますよ。

 

 

長谷川修平さんの ムービー編はこちら

 

 

(東奥日報社)